LISTEN

MENU

地味に大変。上半期源泉所得税納期の特例

おつかれさまです。

 

各中小企業の経理ご担当の皆様、会計事務所勤務の皆様は絶賛お取込み中かと思いますが、1~6月の上半期源泉所得税の納期の特例の納期限が7月10日に迫っております。

 

1~6月の全従業者のお給料、社会保険料、源泉所得税などを集計の上、従業者ほか源泉対象者から預かった所得税を税務署へ納付します。

 

私は先月いっぱいで退職済みなのですが、そんなん知ったこっちゃないわ!と思ったかどうかは定かではありませんが理不尽なほど山盛り担当分けされ、なんとか必死こいて月内に片付けてまいりました。

 

f:id:tax-hosokawa:20190816200557p:plain

 

さて、ここで忘れがちなのは報酬源泉です。

 

 特に6月中に社労士さんや司法書士さんなどをご利用されている場合には、会計事務所の把握外の場合もあります。

仮に源泉徴収漏れがあった場合、延滞税または不納付加算税の対象になってしまうのでご注意ください。

 

最悪年末で調整は可能なのですが、源泉徴収及び納付は事業者様の義務ですので、源泉の発生した領収書等は別口保存するなどしてできるだけ過誤・遅滞なく処理したいものです。

 

ではまた!